へっぽこ投資家のセミリタイア日記

2030年目標でしたが、遅くても2023年までには退職してリタイア生活始めます

確定申告

リタイア後の税金と国民健康保険料

--- スポンサーリンク ---


個人的に色々と勘違いしていたり、無知だったこともあるので現時点での私の知識をリタイア後の自分のために整理して残しておきます。いやー税金は難しいし、無知は損しますね。


事の発端は数日前の確定申告の記事を書いた後です。
確か国民健康保険料は収入によって決まるので、株の利益や配当金を確定申告した場合、国民健康保険料が高くなるのでは?と想像しました。今回、ふるさと納税の確定申告をした際の入力で会社の給与は入力しましたが、株の損益は入力していません。源泉徴収ありにしているのでこれは当然です。


リタイア後は源泉徴収ありの場合、給料収入がなくなるので株でいくら利益を上げようといくら配当金をもらおうと確定申告時の収入は0円です。

一方、源泉徴収無の場合、株の利益、配当金を入力するのでその分が収入になってしまいます。


国民健康保険料は収入によって決まるので源泉徴収ありの場合は収入0円の最低ランクになり、年5~6万円程度(自治体により異なる)。源泉徴収無にした場合はその通りの収入になるので、例えば500万円程度の利益がある人は年額50~70万程度?の国民健康保険料を納める必要があります。

同じ収入なのにこの違いは・・・と感じるかもしれませんがこれが現実です。
源泉徴収無にしていたら思いっきり国民健康保険料を納めるところでした。危ない危ない


現時点での結論
専業トレーダーは「源泉徴収あり」


さらにもう少しお得になる方法もあるようなので、もう少し勉強してからアップします。




   にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

ふるさと納税の確定申告完了

--- スポンサーリンク ---


今日は天気も悪かったのでサボっていた確定申告を終わらせました。

数年前に確定申告した際に税務署からID、パスワードが発行されたので、それ以来自宅で確定申告をしています。ID、パスワードがあるとカードリーダーが不要なのでラクチンです。


私は今は会社員なのでふるさと納税くらいしか確定申告をすることがありません。
来年度以降は株の損益も確定申告するようにしたいと思います。

これは別に脱税している訳ではなく、特定口座の源泉徴収ありにしているためです。
当初はラクチンと思っていたのですが最近の株高で納める税金額も上がってきたので源泉徴収無にしようと思います。


というのも今年は好調で200万円くらいの確定利益があるのですが、株の売却時に勝手に税金も引かれるので40万円くらい税金を引かれています。源泉徴収無にしてこの税金を納めるタイミングを確定申告時にすれば、それまでの間に運用することも可能になります。

また、税金の支払いについても最近はクレジットカードでできるようになったので手軽になっています。

懸念点としては税金を支払うまでに無駄遣いをしないかという所ですが、私の性格から大丈夫でしょう。今はまだ源泉徴収ありにしているので年末には忘れずに源泉徴収無にしようと思います。

2021/3/15訂正
専業トレーダーの場合、源泉徴収無にして株の損益、配当金を確定申告してしまうと、それに応じて国民健康保険料がアップしてしまうようです。ということで来年以降も源泉徴収ありのままにします。
税金関係は難しいのでこれからも勉強していきます。



それと、今年は会社を辞める可能性があるのでまだふるさと納税をしていません。ふるさと納税も年末にまとめてやろうかな。



   にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

確定申告に行ってきました

--- スポンサーリンク ---

昨日、遅くなりましたが確定申告に行ってきました。税金を受け取る側なので遅れてもペナルティーは無いということで遅れ遅れになっていましたが、やっと行ってきました。

私の場合、平成27年度はふるさと納税を9か所行っていたので確定申告が必要だったのでした。
また、平成27年度は株式でプラス収支でしたが、平成26年度はマイナス収支だったので払いすぎた税金を取り戻す必要もありました。

行く前は記入欄がたくさんある書類に記入するのが面倒だなと思っていました。実際に面倒だったので行くのが遅れていたという状況です。納税する人は確定申告が遅れるとペナルティーで利息分も支払わないといけませんが、受け取る側は遅れても何もペナルティーがありません。
実際に行ってみるとゴールデンウイーク中ということもあり、かなり混んでいました。2時間以上待つということで他の店に行って時間をつぶしていました。肝心の書類への記入は担当の方がほとんどやってくれ自分は記入内容の確認と電話番号と押印くらいで済みました。確定申告の混んでいる時期に行くよりも楽ちんでした。

平成26年度は100万以上負けてたので、1ヶ月後にかなりの金額が戻ってきます。また、平成27年度のふるさと納税分も戻ってくるのでかなり楽しみです。


以下、来年度以降のための備忘録
必要なもの
・源泉徴収票が必要(過去の分の確定申告を行う場合は過去の分も)
・印鑑
・年間取引報告書
・入金用の銀行口座番号

勝った場合は確定申告不要



   にほんブログ村 株ブログへ

スポンサーリンク
楽天市場
ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
カスタム検索
ブログランキング
ブログランキング
プロフィール

カフェ

株主優待が大好きな弱小投資家です。株はスイング、デイトレも行います。投資信託の積立も行っています。