カフェの目指せ株主優待・配当金生活

2030年を目標に株主優待と配当金での生活を夢見ています。

住宅

リビングは2階が良さそう

--- スポンサーリンク ---

注文住宅で家を建てる場合にリビングは2階にしようと思っています。現在住んでいるアパートが2階なので2階リビングに抵抗はありません。そこでリビングを2階にした場合のメリットとデメリットをまとめてみました。


【メリット】
・日当たりが良くなる
 これは今住んでいるアパートもそうですが、2階リビングは日当たりがいいです。
 天井からも光を取り入れられるので余計に明るいです。
 ただ、私は平日昼間は仕事だし、休日は出かけることも多いのでこの恩恵は少なそうです。

・プライバシーが守られる
 これは2階なのでもちろんですね。
 通行人と目が合うこともありません。
 お隣の2階の人とは目が合うかもしれませんが。

・ロフトを付けることができる
 リビングのロフトは使い勝手がよさそうです。
 昔からロフトには憧れがあったので是非つけたいと思います。

・耐震性がアップ
 1階が細かく部屋が分かれることになるので耐震強度が上がるようです。
 ただし、そこまで神経質にならなくてもいいかなとは思っています。

【デメリット】
・家電、家具の搬入が大変
 これは面倒です。
 階段が狭いと冷蔵庫や洗濯機などはかなり大変です。
 また、米10キロを買って階段を上がるのも女の人には大変なのでは。

・ゴミ捨てが面倒
 ゴミを持って運ぶ距離が長くなるので面倒です。
 ただし、ゴミを捨てるのは私の役目なので特に問題ありません。

・来客が階段の昇り降りが必要
 これはちょっと大変ですね。
 お互いの両親などを読んだ場合に足腰が悪いと申し訳ないですね。


いかがでしょうか?
簡単に書きましたが、今のところリビングは2階がよさそうです。

 

   にほんブログ村 株ブログへ

住宅ローンシュミレーション

   にほんブログ村 株ブログへ

週に1度は住宅のことを考えようと思っています。
本日は住宅ローンをいくら借りると月々いくらずつ返済する必要があるのか調べてみました。

3000万円借りた場合
 金利1% 25年返済:月々114000円
 金利1% 35年返済:月々85000円
 金利2% 25年返済:月々128000円
 金利2% 35年返済:月々100000円

5000万円借りた場合
 金利1% 25年返済:月々189000円
 金利1% 35年返済:月々142000円
 金利2% 25年返済:月々212000円
 金利2% 35年返済:月々166000円


大体上記の通りですが、年齢的に35年ローンは無理だと思うので25年ローンになるでしょうか。
そして今後金利が2%程度まで上昇することを考慮すると借りれる金額としては3000万円くらいが支払いできるラインかなと思います。これに頭金をどれだけ用意できるかで買える家のだいたいの目安になります。

こうやって計算すると想像していたよりは少ないですね。一戸建ての場合、土地も必要になってくるのでかなり厳しい気がしてきました。もう少し頭金を貯めて収入を増やさないと自分の希望の住宅は難しいかもしれません。悩みがまた1つ増えてしまいました。


--- スポンサーリンク ---

月々のローン返済はいくらにする?

   にほんブログ村 株ブログへ

私はマイホームを夢見る普通の会社員ですが、家を購入する際にはローンを組むことになります。その際にいくら借りて月々いくら返済するか?というのを決めないといけません。現時点では具体的な土地や建物の金額が定まっていないのでいくらとは言えませんが本を読むと年収の25~30%とか現在の家賃と同じでいいとか色々な方法があると思いますが、私の理想は配当金収入の分でローンを返済するです。

正確には計算していませんが、今年は配当金が35万、貸株料が15万程度年間でいただけると思うので年間50万程度の配当収入になると思います。頭金にもよりますが、さすがに年間50万では少ないと思うので年間120万くらいは配当収入を得られるように持っていきたいと思います。この水準までいけば、ある程度の頭金を用意するれば生活レベルを落とすことなく持ち家が手に入れれるようになると思うので、当面は年間120万を目指して投資を続けることになると思います。

様々な要因があり、遅くともあと4年以内には家を買うかどうかを決めないといけません。あと4年で年間配当120万円は相当にハードルは高いですが、高い目標を目指してコツコツと頑張っていこうと思います。



--- スポンサーリンク ---

建売か注文住宅か

   にほんブログ村 株ブログへ

現在、5年後くらいを目指して住宅の購入を検討しています。
今のところ庭付き一戸建てに住みたいという要望があるのでマンションという選択肢はありません。一戸建てを建てる場合、建売か注文住宅かの選択になります。

住宅展示場で色々なメーカーを見て、建売も一流メーカーの高級な建売からお手頃な建売まで何件か見た結果ですが、今は注文住宅でほぼ決まりです。

建売は割安と聞いていましたが、人気のエリアの一流メーカーの建売はかなりの高額でした。もちろん、そこそこのエリアでメーカーを選ばなければお手頃な価格で購入できますが、作りはやはり値段相応といったところです。ちなみに人気エリアの一流メーカーとそこそこのエリアの建売では値段が4倍違いました。

値段よりもせっかく家をたてるのなら好きな間取りで好きな設備で楽しく暮らしたいので我が家では注文住宅という選択しかありません。その分、値段が高くなりますが仕事と投資を頑張ります。

ただ、建売は完成されているのを見て買えるのは大きな利点です。注文住宅も建ててみたら想像と違ったなんて話はたくさんあります。高いお金をかけてそんなことになったら目もあてられないので慎重に慎重に進めたいと思います。


--- スポンサーリンク ---

家賃は値引き可能

   にほんブログ村 株ブログへ

家賃は交渉次第で値引き可能ということをご存知でしょうか?
私は一昨年の12月に今の賃貸アパートを契約しました。12月は不動産屋もそれほど忙しくなく、時間もあったようで色々お話しさせていただいたのですが、家賃の値下げ交渉は普通に可能とのことでした。私が契約したアパートは新築だったのですが、約80000円の物件で5000円の値引きに成功しました。

1.時期
2月、3月の繁忙期は黙っていても次から次へとお客さんが来るので、貸す側も強気になるので値下げ交渉は厳しいかも知れません。逆に言うと4月、5月あたりはお客さんが一気に減るので貸す側も空室のままにしておくよりは、多少値下げしても貸した方がいいと考えるのでしょう。地域によっては近所の大企業の異動時期など独自に繁忙期もあると思うので、注意が必要です。閑散期と繁忙期では一人のお客さんにかける時間も倍以上違うということなので、当然値引きの可能性も異なってきますよね。

2.不動産屋さんと仲良くなること
不動屋さんと仲良くなって損はありません。必要以上に仲良くなる必要はありませんが、仲良くなることで色々な裏話が聞けたり、良い物件を教えてくれたり、普段は聞けないような物件の長所短所を内緒で教えてくれたりするかもしれません。私も値引きも行けそうか無理そうか教えてくれると思います。

3.大家さん
大家さんが誰かというのも非常に重要です。こちらも不動産屋さんに聞いたのですが投資目的で大家をやっているような人は家賃にかなりシビアと言っていました。大家さんが全然違う地域に住んでいて投資目的で貸し出しているアパートはそもそも家賃が割高で値下げ交渉も厳しいということでした。それよりは昔からの地主さんで土地を遊ばせておくよりはというような感じで大家さんをやっている方だとそもそも家賃も割安で設定されていますし、値下げ交渉にも応じてくれる可能性があるということです。地主さんも家賃にシビアな方ももちろんいるので注意が必要です。不動屋さんと仲良くなればこういう裏話も教えてもらえるかもしれません。

4.契約更新
値引きできなかったとしても諦めないでください。地域によって異なるかもしれませんが、2年に1度の契約更新のタイミングでも交渉可能です。こちらも不動産屋の方に聞いたので間違いないと思います。回りのアパートとの家賃と比較し、割高であれば交渉で家賃の値下げは可能ということでした。我が家は周りに比べると駐車場代が若干高めなので更新時に交渉してみようかと思います。



--- スポンサーリンク ---
 
スポンサーリンク
楽天市場
ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
カスタム検索
アクセスランキング
ブログランキング
ブログランキング
プロフィール

カフェ

株主優待が大好きな弱小投資家です。株はスイング、デイトレも行います。投資信託の積立も行っています。