カフェの目指せ株主優待・配当金生活

2030年を目標に株主優待と配当金での生活を夢見ています。

投資日記

株式配当金受取件数で現金プレゼント

   にほんブログ村 株ブログへ

昨日書いたように、地合いが良くなるまで株式取引を控えようと思います。そうなるとブログに書くことが思いっきり減ってしまうのですが、優待株や投資信託は続けるので何とかなるかなと思っています。株以外にもお得な情報があれば、そちらで更新していきます。

早速ですが、楽天銀行の株式配当金受取プログラムはご存知でしょうか?
これは楽天銀行内のキャンペーンなのですが、楽天銀行で配当金を受け取ると1件につき10円もらえます。注意すべきな楽天グループなのでエントリーが必要です。ログイン後に画面上部のキャンペーン等のリンクから辿ってください。毎月実施しているので毎月エントリーを忘れないようにしないといけません。エントリーしないともらえない仕組みを何とかしてもらいたいものです。

さて昨日、その配当金受取プログラムから入金がありました。

160円。

ということは16件あったのですが、貸株していて銀行に入金されないと対象外になるので、こちらを外すのを忘れていました。
160円では今年の負けの1000分の1にもなりませんが、もらえるものはもらっておきましょう。



WS000012


保有中の積立投資信託公開~全てマイナス突入~

日経平均株価が年明けから5日続落。海外市場も揃って崩壊とかなり悲惨な状況ですが、私が積立している投資信託も全てマイナスに突入しました。特に新興国株式インデックスはマイナス11%と泣きたくなる水準です。先々月くらいは全てプラスで余裕だったのに、短期間でこれまで変わるとは・・・・。積立を開始した時期が悪いと思って諦め、引き続き積立を続けたいと思います。

WS000008

現在、SBI証券で上記の投資信託を合計で毎月11万円の積立を行っています。加えてひふみ投信に毎月2万円の積立を行っており、合計13万円なのでかなりのハイペースです。リスク分散とは考えていないのですが、あれもこれもと選んでいるうちに増えてしましました。投資信託の積立は長期で続ける予定なのでしばらく様子を見てファンドを絞っていこうと思います。分散しすぎるとリスクも分散されるのですが、利益も分散されてしまうのであまり好きではありません。多くても3つくらいには絞りたいと思います。


さて株の方は先物もかなり下げており、12日も下げスタートになりそうですが、そろそろ買い始めようと思います。かなり安くなってきて買いたかったのですが、待ちに待って結果的によかったかな!?と思います。そろそろ反転すると考えるのは楽観的でしょうか?


 

会社の従業員持株会は入るべきか?


みなさん、会社の従業員持株会は入っていますか?持株会は企業が安定株主を増やすために行っており、従業員に対して自社株を保有させる制度で多くの企業では奨励金として5%~10%程度の補助がでます。この制度は強制ではなく、各従業員が自分で会に入るかを選択できます。それでは従業員持株会は入るべきでしょうか?入らないべきでしょうか?

結論から申し上げますと私は従業員持株会は入るべきだと思います。ただ、それぞれ様々な事情もあると思いますので状況によってということになります。もちろん投資は自己責任でお願いします。

メリットその1:奨励金
利点は上記にも書きましたが奨励金があることです。企業によって異なりますが、5%~10%程度の奨励金がでます。この奨励金はかなり大きいです。もし、自分の会社が日経平均と同じようなチャートを描く場合、奨励金の分だけ日経平均INDEXなどの投資信託よりも有利になります。また、毎月定額買われることになるので自然にドルコスト平均法が実行されるので、極端な高値掴みにはなりません。

メリットその2:買付手数料が無料
利点その2は買付手数料が無料な点です。残念ながら売却時は証券会社を通じて行うことになるのでその証券会社の手数料がかかってしまいますが、買う方は無料です。また投資信託における信託報酬もかかりません。最近は信託報酬が0.5%を切るようなインデックスファンドも出てきていますが、信託報酬がかからない投資信託はありません。上にも書きましたが日経平均と同じようなチャートを描く場合、奨励金に加えて信託報酬分も日経平均のINDEXファンドより有利になります。

デメリットその1:会社に影響を受けすぎる
これはメリットとデメリットの両方に言えることですが、会社に影響を受けすぎるということでしょう。会社の景気がいい場合は給料も上がるし、恐らく株価も上がるのでダブルで資産が増加していくでしょう。その逆で会社の景気が悪い場合は給料が減らされ、ボーナスもカット、最悪倒産なんてことになったら、収入もなくなるし、貯めておいた自社株資産もパーになってしまいます。しかし、持株会で買えるということはその会社の関係者な訳で、他の人より社内の状況に詳しいと思います。持株会はインサイダーには当たりませんので、自社が本当に潰れそうな状況以外であれば、デメリットにはならないと思います。

デメリットその2:上限がある
デメリットその2は上限があることです。会社により1000円一口として月に最大30口とか50口とかの上限があります。そんなに余裕資金がある人ばかりではないと思いますが、潤沢な資金を持っている人で100口とか投入したい人にとってはデメリットになってしまいます。

こんな状況だったらやるべき
ある程度の余裕資産があり、会社が潰れなそうであれば入るべきです。不安な場合は途中で定期的に引き出しを行い奨励金の分だけでもGETするやり方はあります(途中での引き出しはできる会社とできない会社があると思うので事前に調べることは必要)。またリスクをなるべく少なくして資産を一気に増やしたいは最高の方法だと思います。ちなみに私は上限MAXでやっています。
繰り返しになりますが、投資は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク
楽天市場
ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
カスタム検索
アクセスランキング
ブログランキング
ブログランキング
プロフィール

カフェ

株主優待が大好きな弱小投資家です。株はスイング、デイトレも行います。投資信託の積立も行っています。