カフェの目指せ株主優待・配当金生活

2030年を目標に株主優待と配当金での生活を夢見ています。

自己紹介など

今年の目標達成は難しい

--- スポンサーリンク ---


今年の初めに目標を立てていました。
今年の年間確定利益で300万円を目指す!と
去年が200万円だったので調子に乗ってそう決めたのですが、7月を終わろうとしている次点で現在の確定利益は50万円ほどです。目標達成はかなり厳しい状況です。

今年は年初から暴落が続いて、私も一時は大きくマイナスとなりましたが、よくここまで戻してきました。確定利益なので優待株・配当金株などホールドを続けている銘柄は含み益が減少しているのでそれを合計すると今年の損益はチャラくらいになってしまいます。

今後の方針は目標達成のために一発逆転的な投機銘柄へのギャンブル投資は避けて、目標達成できなくてもコツコツと取引を続けていこうと思います。



   にほんブログ村 株ブログへ

ブログを開始して1ヶ月を過ぎていました

   にほんブログ村 株ブログへ

ブログ開始が12月25日なのでいつの間にか1ヶ月を過ぎていました。三日坊主の私が続けられているのも好きなことを書いているからだと思います。その間、ユニークユーザで5000人ものアクセスがあったのは本当にびっくりしています。ブログランキングには登録しているものの予想以上のアクセスがあり、とてもうれしく思います。当面は時間の許す限り1日2回更新のペースを続けたいと思いますので、お時間がありましたら読んでいただき感想でもいただけたらと思います。

投資で成功することは簡単ではないと思いますが、日々勉強してよく学びよく考えればおのずと結果はついてくると思います。「人間は考える葦である」という言葉もありますが、考えるという能力をせっかくもらったのでこれを生かしてよく考えて成長していきたいと思います。

ブログの内容についてもなるべく有益な情報を配信できるよう日々学習していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。



--- スポンサーリンク ---
 

今年はひたすらお金を貯めようと思う

   にほんブログ村 株ブログへ



昨日は株が爆上げしましたが、サラリーマンで個別株は中々難しいと感じており今年はスイングで稼ぐことを諦めて投資信託や積立をフルにいかしてお金を貯めようと思います。具体的には以下の3つの方法で貯める予定です。

1.従業員持株会 
1つ目は従業員持ち株会です。これは以前から行っているのですが、毎月5万円ずつ積立を行っており、ボーナス月は5倍なので1年で100万円積立を行っております。また、会社から補助金として10%出るので合計で110万円貯めることができます。もちろん、株なので値下がりリスクがありますが。

2.投資信託
2つ目は投資信託です。こちらも以前から行っており、合計で月に13万円積み立てているので年間に156万円貯めることができます。こちらも値下がりリスクがありますが、長期で見れば安い時に同じ金額で多く買えるのであまり気にしていません。

3.優待株・配当株
3つ目は優待株・配当株です。こちらはボーナスから50万円を2回捻出し、1年で100万円分買おうと思います。今回のような暴落もあるので、事前に候補を選んでおいて暴落のタイミングを狙って買いたいと思います。従って買えないリスクもあるかもしれませんが、高値掴みをしないよう割安な水準で仕込みたいと思います。

全て見事に達成すると年間366万円貯めることができるので、ぜひとも頑張りたいと思います。
私はあまり無駄使いするタイプではないので、去年の実績からも達成するのはそんなに難しくはないと思います。今年はさらに趣味の旅行にお金をかけたいと思います。夫婦で年間100万円くらいは旅行費に使用したいと思うのですが、これだけの積立を行いながら達成できたら素晴らしいですね。


 

専業か兼業か

昨日のニューヨークダウも爆下げでしたね。つられて日経225の先物も大幅に下げているので月曜日もかなりの下げで始まりそうです。私のスイング銘柄達も全て手放してゆっくりどこまで下がるのかを見守ろうかと思います。この一方的な売りが落ち着けば再度上げに転じるとは思いますが、今はリスク回避を優先させた方がいいかなと考えています。

さて、タイトルに書いた専業か兼業かという話題ですが、先日もアーリーリタイアの話を書きましたが、私も専業になってのんびりと投資をしたいと思っています。昨年から会社を辞めて専業になることを真剣に考えており、大した根拠もなく専業でやっていけると思っていたのですが、さすがに今年に入ってからの下げで再び考え直しています。
サラリーマンをしながらの兼業では会社からの給料もあるので多少負けても生活に支障はありませんが、専業になると負けると即生活の危機につながるのでかなりのリスクを伴います。休日にお気楽にデイトレで勝ってやっていけるかという気になっていましたが、今回の下げ相場でやはりリスクが高いことを痛感しました。

もちろん、専業になって成功することも考えられますが、家族を持っている身としてはやはり安定を重視して考えるべきで負けるリスクがある以上、専業は厳しいかなと考えております。もちろん、サラリーマンを続けていると給料以外にも厚生年金、保険、扶養手当、住宅手当、その他福利厚生など補助も大きいのでそれを上回るほど投資でプラスにできるかというと微妙な感じがします。
安定を重視するのであれば、配当収入で500万程度入ってくる状態を作ってから専業になるべきと考えます。配当500万というと平均3%としても1億6000万程度は必要となるので、そう考えるとアーリーリタイアの道はかなり遠くなってしまいますね。

今回の下げは投資をお気楽に考えていた自分に対して目を覚ますいいきっかけになったと思います。アベノミクスの上げ相場もいよいよ怪しくなった今、給料という安定収入を手放さずにサラリーマンを続けたいと思います。もちろん会社の経営が怪しくなって倒産したら元も子もありませんが、そうなっても他の会社で通じるようスキルアップを心がけて行きたいと思います。








にほんブログ村 株ブログへ

サラリーマン生活を考えた

現在、私はサラリーマンな訳ですがサラリーマンはいいことと悪いことなどたくさんあると思いますが、最近はアーリーリタイアに興味が出てきています。

サラリーマンをやっている限りは安定した収入があり、金融機関などからの信頼もあるため、クレジットカードの作成やローンなんかも組みやすく社会から一人前と認められている感じがします。身内も安心してくれることでしょう。さらに福利厚生が充実しているのでいただく給料以上に色々と補助されています。

ただ、その分責任感というのもあり会社から多くの有給休暇をいただいても半分も使えていなかったり、仕事が終わらなければ当然残業も行います。場合によっては休日出勤なんかもします。あらかじめ予定が入っていても仕事の為にキャンセルするなんてザラにありました。もちろん残業や休日出勤の対価として残業手当てなり休日出勤手当てが支給されます。
今まではそれで全然文句ありませんでした。むしろ充実してるとさえ思っていました。ただここ数年、自分が年をとってきたからでしょうかこのままでいいのか思うようになってきました。私はもうじき40ですが、私が会社をやめる頃には定年が65もしくは70になっているきがします。そこから色々やろうとすると確かにお金はたくさんあって楽しめると思いますが、若いときのように体が動かなかったり、気力が落ちていたりしてどうなんだろう?と考えてしまいます。もちろんそれまでに死んでしまったら何の意味もありません。
そう考えると時間って貴重だなと改めて思います。まだ若く体が動くうちに自分の好きなことを色々経験したいのですが、それにはお金がかかる→会社で働く→時間がないのループにはまっています。なんとかこの状況を打破したいと思い、色々考えています。その一つが投資なのですがうまくいくでしょうか?
スポンサーリンク
楽天市場
ユニークユーザ数(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログ内検索
カスタム検索
アクセスランキング
ブログランキング
ブログランキング
プロフィール

カフェ

株主優待が大好きな弱小投資家です。株はスイング、デイトレも行います。投資信託の積立も行っています。