--- スポンサーリンク ---


みなさん、株主優待でいただいた商品を売却するときはどこで売却していますか?
従来は金券ショップやヤフオクなどのオークションサイトが主流でしたが、ここ最近、私はフリマアプリを利用しています。

フリマアプリとは?

オンライン上でフリーマーケットのように主に個人間(C to C)による物品の売買を行えるスマートフォン専用のアプリです。


フリマアプリの特徴の特徴1(とにかく簡単お手軽)
フリマアプリの特徴の1つ目はとにかく簡単でお手軽なところです。
出品する際はスマホで撮影して商品名と簡単な説明を入力するだけです。慣れてくれば2,3分あれば、余裕で出品することができます。


フリマアプリの特徴の特徴2(自分で値段を決められる)
オークションとの最大の違いは自分で値段を決められるところです。オークションは数名が競い合って値段を上げていく方式で落札までに時間がかかりますが、フリマアプリの場合は自分で設定した値段で買ってくれる人がいれば即売買が成立します。


フリマアプリの特徴の特徴3(値段交渉が可能)
出品者と購入者のやり取りができるところも魅力です。商品の質問は当たり前のように可能ですが、その他に、値引き交渉ができるのが人気の秘密だと思います。

「もう少し安くなりませんか?」
「おいくら希望でしょうか?」
「200円引きなら即購入します!」

などのやり取りが頻繁に見られます。
購入する人も安く買えると気持ちもいいのでリピーターが増えますよね。


フリマアプリの特徴の特徴4(高く売れる)
私が思う最大の特徴は高く売れるということです。
私が主に利用しているフリマアプリは「メルカリ」と「フリル」です。
メルカリに1本化したいのですが、クオカードが禁止になっているのでクオカードの販売はフリルを使用しています。
例えば、このクオカード。500円のクオカードであれば、500円より高い価格で売れるとは思いませんよね?しかし、これが売れてしまうのです。

・500円のクオカードを売る場合の私の参考例
送料はどんなに安くても62円かかるので500+62=562円。
売買成立時に運営に10%引かれことを考慮して562+(562÷10)=618円
ということで618円くらいで出品しますが、これが不思議と売れてしまいます。
メルカリでもディズニーの優待券や商品券などが面白いように高値で売れます。

恐らくですが、友達紹介ポイントや入会ポイントとして300円相当のポイントがもらえるので、これを利用して購入する人は、期限切れ前に換金するために、このように高値で買ってくれると思われます。


フリマアプリの特徴の特徴5(取引が安心)
商品が届かないや写真と違うものが届いたなどのトラブルが予想されますが、フリマアプリの場合は支払われたお金がまずは、運営会社に払われて、商品到着後に購入者が評価しないと出品者に支払いされない仕組みとなっている為、安心して取引することができます。


入会するならこの2つ

mercari(メルカリ)
WS000200
3000万ダウンロードを突破、ユーザ数が多いのが特徴です。
画面を見やすく、ユーザ数が多いので色々な商品が揃っています。
優待族としてはクオカードが売れないのが欠点となります。
売却手数料10%以外は利用料などは不要です。


ダウンロードリンク
iPhoneアプリ   Androidアプリ

登録時に以下の紹介コードを入力してもらうとあなたに300ポイント付与されお得です。
私にもポイントが入るので是非お願いします。
紹介コード:TTEJQP



Fril(フリル)
WS000201

500万ダウンロードを突破しており、メルカリに続きます。
何といってもクオカードを出品できるのが利点です。
メルカリ同様に売却手数料10%以外は利用料などは不要です。


ダウンロードリンク
iPhoneアプリ    Androidアプリ

登録時に以下の紹介コードを入力してもらうとあなたに300ポイント付与されお得です。
私にもポイントが入るので是非お願いします。
紹介コード:bMY9x


現時点ではこの2つのアプリを入れておけば十分だと思います。


   にほんブログ村 株ブログへ